あずきは100個

【私の好きなあの固いあづきバーには、あずきが100個まばらに入っているそうです】

いつの頃か、アイスが5個入りとか6個入りで販売されるようになっています。スーパーなどでは、よく冷凍食品と合わせて50%offセールが開催されていますね。ただ、2箱以上は購入しません。

凍らせておけばいいのにと思ってしまいます。少し考えてみると、限りある冷蔵庫のスペースにアイスが複数個は難しいのかもしれませんね。他の冷凍食品が優先されることになってしまいました。

話はタイトルに戻しますが、あの”あずき”は5㎜~7㎜の大きさに振るい落とされています。落とされた”あずき”が、近くの幼稚園でお手玉の材料にもなっているそうです。おもしろいですね。それから”あずき”へのこだわり、すごいですね。その”あずき”があの固いバーには100個の”あずき”がバーのどの部分にも平均的に入っており

その素材へのこだわり、歴史を創っているんですね。今は、このアイスバーをお米と一緒に炊飯器で炊くと、お米のま赤飯になり、おいしく召し上がれるようです。そんなレシピが若い人たちにも受けているそうです。

新しいものを生み出すことは、既存のものから新たな関係性を創ることによって生み出すと言われています。そんな感じがしますね。アイスから赤飯なんて、おもしろい関係を生み出しますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください