モノクロ世代

【色の使い方が未熟?】

私は、学生時代から赤ペンくらいは使用しましたが、ほとんどか黒色で、カラーペンを使った記憶があまりありません。(販売もされてなかったように思います)

生まれたころモノクロテレビが放送され、小学生になってカラーテレビが普及した時代を生きています。世の中の洋服も暗い色から、明るい色も平気になった時代だったと思います。

コピーは、今もってモノクロを優先してしまいますね。(資料づくりも、モノクロなのかもしれません)

黒板(緑色なのになぜ黒板なのでしょうか)の白い文字の影響か、ホワイトボードも黒一色が多いですね。今、ホワイトボード用のカラーのペンもあるんですね、100円ショップで。次の『ワイガヤ教室』ではぜひこれを使って見ようと思っています。

昨日の夕刊に、手帳に明るい色のカラーペンを使って気分を盛り上げるという記事が掲載されていました。社内の伝言をカラーペンを使った手書き文字にすると、先輩社員から「和む」と好評だそうです。

明るい色が、気分を明るくすると言われます。モノクロ世代の私にとっては、色を使うことへのこだわりが少ないように感じます。

だから、慣れないイラストレーターを駆使したチラシも色の感じがもう一つなんですね。配色をもっと勉強しなくては・・・。もっと、色を使うことにチャレンジしなくては・・・。

気分が明るくなる色、心が和む色を使った方が楽しいですね。ペンでもそれ以外でも。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください