与えられる時代から、創る時代へ

【今後数十年で、AIの普及により、現在の仕事が半減すると言われています】

日本が、世界の中でも、もっともAI・ロボットにより、仕事が変化すると言われています。いま、人手の不足を言われることが多くありますが、世界で見ても余分と思われる仕事を人がやっているそうです。

そのことが、日本人の「お・も・て・な・し」に通じるものがありますね。世界では、過剰と思われるサービスが、一方では日本の強みになっています。

これから、AI・ロボットの活躍によって、今の仕事が大きく変わっていくものと思います。一家に1台のロボットが出現するのは目の前ですね。愉快な話相手にもなりそうですね。

それでも、これからも残っていく仕事には、教育だとかクリエーターだとか言われていますね。しかし、これも最も優れた教育・文化・芸術の世界にもAIは出現しますね。もう既に、AIではないですが、数年を要して、職人になることが、数か月で成し遂げるなんてことも現れています。数ヶ月必要としたことが、数分で出来てしまう時代です。

全ての人が、この恩恵をすぐに受けることができるわけではありませんが、大きな変化の波が訪れていることは間違いないですね。

これからの時代、人が人らしく、豊かな暮らしを求めていくためには、自分好みの暮らし・仕事を創っていくことではないでしょうか。

今までの与えられた仕事は、大部分がAI・ロボットに替わっていくでしょう。これからの人の仕事は、自らが創っていくものだと思っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください