住み良い沿線の街づくり

【私鉄が、沿線のスーパーと住宅地を結ぶ無料送迎バスを拡充】

私鉄大手が、郊外住宅地の高齢者向けに買い物支援を拡充します。高度成長期に建てられた沿線の郊外型住宅地が、高齢化を迎えています。65歳以上の住民が、30%以上を占める住宅地は珍しくありません。

そこで、私鉄が沿線の住宅地とスーパーを結ぶ無流送迎バスを運航、自社系列スーパー以外も巡回するそうです。スーパーでも宅配サービスの拡充に取り組んでいます。宅配サービスと同時に家事手伝いサービス、専門スタッフによる医療相談なども展開されているそうですね。

住宅地の高齢化は、空き家を増やすことにもなっています。これを改善するためには、住み良い街づくりが不可欠です。魅力ある街をつくることです。

鉄道会社・スーパー・コンビニ・など、高齢者向けの買い物支援サービスに取組んでいます。利便性は、日進月歩で進化していきます。

逆に高齢者の増加に伴って、地域のコミュニティが疎遠になっています。町内会の加入率の低下など顕著に表れています。

各企業・自治体の支援サービスの充実にも増して、地域コミュニティでの人の繋がりを深める必要があります。世代を超えた関係づくりですね。「いーすねっと」は、そんな関係づくりを目指しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください