“友”という響き

【”友”という言葉に憧れをもつ】

学生時代を地方出身者として過ごし、卒業後も故郷に帰らないままにサラリーマンとして過ごし、関西の地で定年を迎えました。その間に高校まで過ごした実家はなくなりました。

元々、「友達100人」なんてことはなく、つき合いも稀薄な私ですから、還暦を迎え、古くからの”友”の存在に憧れてしまいます。

年齢が一つ上だったこともあり、冗談ですが、ある友人から最近、私が「高校時代は10人くらいとしか会話をしていない」と言われたことはちょっとショックでした。

そんな感じですから、今は積極的に同窓会へ出席したり、高校~大学時代を過ごした仲間とゴルフに行ったり、古くからの”友”との関係づくりをしています。自分が動かなくては、”友”の関係を築くことができません。

こんな私のように”友”との関係づくりをしようと思っていらっしゃる方のために、新たな”友”づくりをサポートするビジネスに取り組んでいます。

古くから”友”のように思える方もいらっしゃると思います。同じ思いをもった人同士で、同じ目標を持ち、チームで身近なところのGOALの目指す、「友、遠方より来たる」ではないですが、そんな”友”づくりもいかがでしょうか。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください