夏本番

【梅雨が明けて、夏になったからと言って、特別なことはない】

朝早く、ラジオ体操に出かけることもなく、10時までは勉強をするわけでもなく、10時から海へいくわけでもなく、夕方はセミの幼虫を探しにいくこともなく、家族でスイカを食べながら花火をするわけでもなく、「暑い!暑い!」といっていたら、いつの間にかお盆の時期を迎えます。

この時期も特別なことはなにもなく、セミの声が聞こえなくなったかなあと感じつつ、9月を迎えます。

会社員時代には、朝からセミの声がうるさいなあと思ったりしましたが、あれは都会だけで、田舎でクマゼミの鳴き声はあれません。ミンミンゼミとかヒグラシなんかだと思います。

そうそう、夏休みには、電車の線路わきを歩きながら、カブトムシがいる木を探していました。毎年、同じ場所なんですね。当たり前ですね。先日、この線路わきが日本の廃線ベスト10に選ばれていました。

また、大人になってから、1度だけカブトムシを繁殖させました。1匹だけでは、繁殖ではないのでしょうが・・・。

夏とは、思い出を語る季節かもしれません。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください