新鮮なおいしい食材の育て方を輸出

【今までにできなかった鰻も養殖、サバも漁獲量の減少で養殖へ】

日本へ旅行に訪れた人が、今までの食習慣になかったもののおいしさを体験し、食べる習慣ができたことによって、日本の漁獲量が大幅に減少しているそうです。

中国では上海ガニは食べていましたが、日本のタラバガニなど海のカニを食べる習慣がなかったようです。ところが、日本に旅行で訪れた際に、おいしかった体験で、帰国後にも食べる習慣ができたそうです。

サバ、サンマ、マグロ、鰻などもそうですね。(以前から食べる習慣がどうかはわかりませんが。)漁獲量の減少が進んでいますね。

そこで、以前から育てられなかった魚までも、養殖で育てることにチャレンジしています。マグロ、鰻は既に進行していますね。ハマチなんかは、数十年前から養殖していますね。天然のほうが割高ですよね。カキとかのりはもっと以前なんでしょう。

これからは、多くの魚が完全養殖の時代になって来るように思えます。

自然のものと違って、新鮮でおいしく安全な魚を平均的に育てることができそうですね。

これから、輸入していた魚を輸出に、またその養殖技術の輸出も盛んになってくるように思います。

おいしく、安全で新鮮な食材へのこだわりは、日本のオハコですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください