日本版ライドシェア

【ウーバーのライドシェア解禁までに、今は法律に抵触しない長距離ライドシェア】

現在、特区以外の全国区で始まっているライドシェア、運転手とか家族とかと一緒に相乗りし、その際に発生するガソリン代・高速代金などを共同で負担するサービスです。

日本の盆正月に車で規制する際に、誰かが同乗することで、規制費用が双方でコストダウンできるのですね。いいですね。ぜひ、一度チャレンジしたいと思います。特に、外国からのお客さまが同乗すると話題が豊富で、素晴らしい経験ができそうです。

notteco(ノッテコ)が提供している長距離ライドシェアサービスです。

民泊とセットにできるといいですね。パッケージなんかにもできそうです。一生涯の友人ができるきっかけになるかもしれません。

日本人には、新しいサービスを体験することに少々壁に感じてしまうことがあります。これからの世代では、民泊とかライドシェアなど、気楽に人と知り合い、関係づくりができる、そんな国民性に変化していきそうですね。

どしどし、新しいサービスを体験してみましょう。「いーすねっと」のサービスも人のスキル・経験ろ・やる気をシェアすることなんですね。ぜひ、一度体験してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください