暮らしを豊かに

【AIを活用できることが、暮らしを豊かにする】

一部の生産工場では、オートメーション行程で人のミスをAIが発見し、改善するシステムが動き始めているようです。人がロボットに使われる時代のようにも思われますね。

最近では、マスメディアによると最終工程までも、過去の経験値による人の目視であったり、手の感覚によるものであったり、熟練といったことを、AIに委ねるように変化していることが伝えられています。

まだまだ、一部の先進企業だけかと思いますが、この進化は創造以上に早く、私たちのところにやってくるように思います。

その時、人とAIの役割分担が、企業の成長に大きく関わっているように思います。それは、生産の効率化以上に、働く人をいかに豊かにしていくかに関わっているように感じますね。

近い将来、人間が過去に経験していることであれば、AIに感情をもたせることもできるでしょう。

どちらが優れているかというよりも、人とAI、それと自然の共生といった感じになっているかもしれません。

ただし、今の大切なことは、人が豊かさを求める時代になったということです。

AIは、私たちがこの豊かさ得るために重要なパートナーになりそうですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください