生産性の引き上げ

【生産性は先進7か国最低、経済の複雑性は世界一】

日本の成長には、先進7か国で最低の労働生産性を引き上げることが不可欠だと言われています。中でも、70%を占めるサービス業の生産性を上げることがカギになると言われています。

しかしながらサービス業は、人の手に頼る業務の多く、労働効率を高めにくい中小零細企業が占めています。

訪日外国人の驚く”おもてなしサービス”も一因かと思われますね。

成長を促すことで、日本独自のサービスをなくしてしまうことにならない知恵が必要ですね。ちょっと、単純すぎるようにも思えますが・・・。

一方、世界に通用するオリジナリティのある製品をどれだけ抱えているかで、評価される経済複雑性では、15年連続で世界一です。

この力が、これからサービス業の労働生産性を高めることは容易に想像できますね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください