社会との繋がり

【定年退職直後、なんとなく社会から離れた喪失感を感じたことがある】

次のステージを豊かに過ごすと言いつつ、好きなことをやり、初めての体験もし、ゆっくり・まったりとした生活をしていた。つぎのステージへの一定期間だけでしたが、どこかに空虚なものを感じました。

なんだか、社会から取り残されたシニア世代といった感じでした。コンビニのレジでお金を払う時ですら、今までになかった寂しさのようなものを感じました。

「人生を貫く柱は仕事」とはよく言ったもので、仕事に情熱を燃やす(そこまででもないかもしれませんが・・・)ようになると、感じ方が一変します。趣味に情熱を燃やすこともいいでしょうが、何か仕事で社会に参加している姿が、必要なんですね。

地域のボランティアも素晴らしいことだと思います。大切なことです。

ただ、仕事をすることでの満足感・充実感を得るまでには至らないですね。やっぱり、仕事が好きなんですね。私だけじゃないと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください