起業の30%以上は、シニア世代

【新たに企業するシニア層は、50%以上が経験・知識や資格を生かしたい】

60歳以上のシニア世代で起業した人が全体の30%以上、そのうち半数以上の動機が経験・知識や資格を生かしたい、続いて社会の役に立つ仕事がしたい・年齢や性別に関係なく仕事がしたいということのようです。

いずれにしても、今までとは違った生き方を望んでいるように思います。自由に経験を生かし、結果社会にも貢献、そんな生き方がしたいのだろうと、ひとり思ってしまいました。

永く会社員を経験した不自由さから逃れて、好きなように培ってきた経験を生かすことができれば、こんな楽しいことはないですね。

ただ、起業はしてみたが3年以内にうまくいかなくなるケースも70%以上です。

「いーすねっと」のサービスは、こんな思いを解決してくれる面白い企画でもあります。

起業もいきなりではなく、ソフトランディングでやってみる、うまくいけば起業する、うまくいかなければ、他の人たちの意見も聞きながら改善し、再チャレンジを繰り返すことができます。

起業セミナーではありません。同じ思いをもった人たちと、自由に気楽な雰囲気の中、一緒にゴールを目指す、楽しいとは思いませんか。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください