高齢者向けパワースポット

【「ピンピンコロリ」ご利益スポットよりも、日々のいきいきした暮らしが救う】

全国の高齢者向けパワースポットが注目されています。

奈良のぽっくり寺(安楽往生のご利益)、長野のぴんころ地蔵尊、各地のぼけ封じ霊場、岡山県の嫁いらず観音院(嫁の手を煩わせることなく、往生できる)が、高齢者のパワースポットとして人気のようです。一部では、大手旅行代理店にもツアーが企画されているそうです。

日本人の平均寿命が男女ともに世界有数の長寿国です。但し、天寿を全うするまで健康に過ごす高齢者は限られています。平均寿命と健康寿命の開きには、男性約9年・女性約12年の差があります。

そこで食べ物や体力づくりに気をつけても将来はわからない。と言ったところから「ピンピンコロリ」のご利益があるパワースポットに高齢者が集まっているようです。誰しも、長患いはしたくないし、家族や身内に迷惑をかけたくないですね。

ある医療関係の研究によると、「自分は健康でない」と思っている高齢者は「とても健康で」とする高齢者と比べて要介護の発生確率が約70倍も高くなっているそうです。同程度の衰えであってもそれをどうとらえるか、個人の主観が健康を左右すると言われています。

地域や家庭で役割を持ち、日々の暮らしに張り合いを持って過ごすこともピンピンコロリに繋がるそうです。

最期まで健康でいるためには、パワースポット巡りも含めて、日々目標を持って、楽しく、いきいきとした暮らしを続けていくことですね。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください