SNSの活用

【日本で1日のSNS利用時間は19分】

英国の調査会社が34か国に対して行った1日当たりのSNS利用時間によると、日本は最下位の19分だったそうです。1番多いのは、フィリピンで3時間56分、続いてブラジルが3時間37分、日本の次に少ない韓国が1時間03分です。

日本でも近年は、10~20歳代の若年層から40~50歳以上の年齢層にも広がっているようです。確かに利用者数は2016年末で6,872万人と2018年では7,486万人に増える見通しだそうです。(国内の調査結果)

記事では、日本人は限られた友人同士での使用が多く、用途の乏しさが指摘されていました。

確かに限られた人と限られた用途での使用だと思いますが、1日にSNSに費やすことのできる時間にも影響しているかのように思えます。日本人の勤勉さが、顕著に表れているようにも感じられます。

シニアの皆さまでは、特にフェイスブックの使用が増加しているように思えます。今まで、自身の情報をオープンにすることが難しかった壁が取り払われ、時間のゆとりもあり、友達とのいい具合の関係も広がり、ますます増えてくるでしょう。いいことですね。新たな事へのチャレンジは素晴らしいことです。

用途も、投稿にとどまらず、検索、情報収集、新たなサービスを活用など範囲も拡大していくでしょう。

シニアの皆さまが、今までの経験を活かして、これからの新たなコミュニティとしたSNSに牽引する時が来ますね。既に始まっているかもしれません。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください