2020年代、AIで余剰人員が増加

【機械メーカーの産業用ロボットの受注が前年より49%増加】

各企業でAIの導入による省力化投資が、右肩上がりで増加しています。人口減と景気回復により、働き手不足が深刻化してくることが想定されています。そのためにもAIやロボットに労働力を置き換える動きが強めらられているようです。

2020年代には、この動きがさらに活発化し、完全失業率が上昇に転じ、人余り現象を起こってくることが予測されています。職種ごとにばらつきはあるものの、主に一般事務・会計事務、機械の組み立てなどで余剰人員の発生が予測されています。

もっと進化していくと、今では考えられない職種にも、AI・ロボットが導入されているかもしれません。

相変わらず、介護サービスとか飲食店などでは、人手不足が続くようです。人と人の関係性が゜必要なサービスは、人てなければならないでしょうか。外国人の導入なども、人手不足の解消のひとつのようです。シニア世代の活躍も選択しのひとつですね。

もう少し、働き方改革・省力化と同時に、労働環境の改善も大切なことのように思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください