いつでも夢を

【いつでも前向きに、夢を見ているのは楽しい】

ひょっとして、もう誰もが知っている歌謡曲ではないかもしれませんが、「いつでも夢を」1962年のレコード大賞受賞曲です。

東京オリンピックの2年前ですね。「いつでも夢を」いいですね。時代錯誤のようですが、本当にいつでも夢をみている、いくつになっても夢をみている、素晴らしいことですね。

夢を目指す、前向きにもなれます。いつでも前向きに、あの朝ドラでもこんなシーンがありましたね。「辛いと思うことを楽しめ、寂しいと思ったことを楽しめ」、人生を楽しむ教えですね。

いつでも夢を目指して、起こったこと・感じたことを前向きに受け取って楽しむ、喜びに変えてくれそうですね。

「いつでも夢を」、「はかない涙」を「うれしい涙」に、なんて口ずさみたくなってきますね。

「いつでも夢を」持っていることが、どんなことでも乗り越えて、うれしい涙を流せると言うことでしょうか。

半世紀以上も前、社会環境もかなり違っていたと思います。今の若い人に言ったら笑われてしまいそうですか、いつの時代も夢をはかないものではなく、目指していくものだと思っていたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください