シニアは宝の山

シニアは宝の山

【定年退職後に大学院に入学、豊富な知識で若い学生にも刺激を与えている】

セカンドステージを若い頃の憧れや、仕事を通じて研究したい思いを実現するため、大学院に入学するシニアが増えているそうです。

大学側にとっても、経験豊富なシニアが本質を明らかにすることで、原石が宝石になっていると言われています。シニアの豊富な経験と知識が宝の山と言われています。

また、ビジネスなどの場で活躍してきたシニアの人たちは、研究の場でも独自の視点を粘り強さで成果を出しているそうです。大学側にとっても、そのことが一般学生にとっても学ぶべきところが多いそうです。

どのようにして成果を出していくを学んできましたよね。「当たり前ですね。」といいたいですね。

大学時代には、あまり研究ということに馴染みがなく、アルバイトばかりでしたが、これから後世に残すことができることに時間を費やすことも楽しそうですね。

ぜひ、チャレンジしたいものです。

因みに、シニア世代向けに入試制度を設ける大学も増えているようです。ある大学では、「長年の職業経験を通じて得た実践的な知見を、次の世代に伝承することを支援する」ことが狙いだそうです。

画像は、大学ではありません。イメージ画像です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください