少しずつ変化の波が・・・

【少しずつ変化の波が、押し寄せています】

過疎地域で高齢者の移動手段となっている「自家用有償旅客運送」(何だかよくわかれませんが・・・というそうです)

私の住んでいるところでも決まったルートを今はタクシー会社が運行していますが、個人の使用権をもった車両も認められるそうです。しかも、一定の区域内であればルートの柔軟になるようです。あくまで、市町村が運行すること場合ですが、少しずつですが変化してきました。

一部の地域でもウーバー(ライドシェア)を導入しているところがあります。さらに今後、少しずつ導入しやすくなってくるようですね。また、新たなサービスが登場するかもしれません。

まさに少しずつですが、規制緩和も伴ってサービスの領域も拡大してくると思います。もって、個人が主体となったサービスが増えてくるでしょう。

他のアジア諸国と比較しても、この規制の枠のために、新たなサービスの創出が遅れてしまっているかのようにも言われています。

この変化に取り組むのは、若い人たちだけでなく、少し頭の固くなったシニア世代にもチャンスが訪れますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください