人はやさしくなれる

人はやさしくなれる

【歳を重ねると優しくなれる、なぜ老爆なのか?】

私は、歳を重ねて暮らしにゆとりができ、どことなくやさしくなれるはずが、「老爆」なんて言われることに、一抹の寂しさを感じています。

アグリベースwaniで、畑仕事をしながら、晴耕雨読とまでは至らないまでも、晴れた日は畑を耕し、草を刈っています。

雨が降ると読書はわずかですが、このようなブログを書いたり、「いーすねっと」公式サイトのブラッシュアップに時間を割いています。

アグリベースwaniでは、野菜たちはもちろんのこと、その他の小さな生き物たちにも、やさしくなれる自分に気付いている今日この頃でしょうか。

畑を耕し、野菜たちを育てると優しくなれるということが、もちろんはっきりと分析されているわけではありません。

ただ、歳を重ねるだけではやさしくなれないようにも感じています。

口幅ったいようですが、我々の世代が後世に残す大切なことは、人にやさしくなることのように感じています。

私自身はまだまだ欲の塊ですが、「人はやさしくなれる」、新しい大人のライフスタイルのキーワードになるべきことだと考えています。

社会の中で、老爆なんて言葉は死語になるべきですね。

LINE登録専用ページからお友だち追加をお願いします。これからの大人のライフスタイルを発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください