終活の前に、楽活

【就活から婚活・恋活、次は暮らしを楽しむ「楽活」、そして終活】

いつの頃からか、言葉を短く言う短縮する習慣が始まりましたね。就活は相当前のように思いますが、還暦を迎えた私たちの頃からあったかどうかは定かでないですね。恋活なんて言葉はなかったように思います。

終活は最近の言葉のように思いますね。よく、巷で終活セミナーなんてこともよく耳にします。これは、平成21年に週間朝日が造ったそうです。当初は、葬儀や墓などの人生の終焉に向けての準備でしたが、現在では、人生のエンディングを考えることを通じて、「自分」を見つめ、今をよりよく、自分らしく生きる活動と言っているそうです。

最後を迎えるまでのこれからの人生が、自分自信で満足できる生き方を活動ということなのでしょうか。皆さんの感じ方はいかがでしょうか。どうも終活を正しく理解している人は少ないようにも思えますね。

そこで提案なんですが、これからの人生をいきいきと明るく・元気に悔いのない豊かなものにするための活動であれば、楽しむ活動「楽活」はどうでしょう。どうも楽をする活動のように感じますが、それも楽しむひとつですね。

「楽活」はどうでしょうか。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください