核家族から孤立化、多様に住まうことに進化。

核家族から孤立化、多様に住まうことに進化。

【高度成長期の核家族から進んで、現在は世代に関わらず、孤立化が進んでいるようです。】

このことは、全ての世代で孤立化が進んでいるように感じます。

若い世代は、人に関わらない暮らしを好む人も増えているようです。

一方で、シェアハウスのようなところで、同世代あるいは世代を超えた人たちが、同じところで住まう、そんなカタチも増えています。

働く世代においても、過去の慣習に囚われない、自分が好むような暮らしに価値を求める、変化しているようにも想っています。

また、高齢者では、以前から課題になっている孤立化ですね。コミュニティも好まれず、ひとり暮らしを楽しんでいる人も増えていそうですね。

仕事もさることながら、暮らし方そのものも、カタチに囚われない、自分の好きなようにする、そんな生き方に進化していきそうですね。

ただ、全ての世代において、孤立化が進んでいることに、少なからず、社会の課題として捉えることも必要になっています。

そんな課題の解決に、住まうカタチにも多様化の波が来ているようです。

同時に、新たなコミュニティにも進化の波が来ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください