取り合えずやってみることが、進化系アクティブです。

取り合えずやってみることが、進化系アクティブです。

【”取り合えず”は、かつてはネガティブな感じがしていましたが、今はとてもアクティブな感じがしています。】

“取り合えず”始めてみること、かつてはプロセスも含めて完成度を高めた結果、実践の有無を判断、そんな遠回りだったように記憶しています。

インターネットが普及してくるころから、まずはやり始めることが、よりアクティブな感じになってきました。

まずは始めること、そこから試行錯誤しながら、方向性も見極めていく、IT関係においては、そんな進め方が一般的のように想っています。

還暦過ぎた私にとっては、わかりやすく説明すると、手書きで処理していたことが、ワープロに進化して、更にはコンピュータでの処理に進化しています。まだまだ、進化の波は続いています。

進め方も、ものすごいスピードで方向性を見極めて、より成功率も高めていくようになってきますね。人の経験とか判断というより、AIの判断に決定権がすり替えられるような気もしています。

取り合えずも、人だけのものではなくなってしまいます。

10年後には、人の役割にも大きな変化が訪れてきそうですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください