自らで奮起させることが、時として必要な場合もあります。

自らで奮起させることが、時として必要な場合もあります。

【やる気(モチベーション)を維持していくことが、時として難しいときもあります。】

いつ何時も、やる気(モチベーション)を維持していくことに、様々な環境・条件などあり、時として厳しい場合もあります。また、一時を休んで、リラックスすることもとても大切です。

そんなリラックスから、もう一度、自らを奮起させること、そんなことが必要な場合もあります。

やる気(モチベーション)は、未来永劫続いていく訳ではありません。やる気がなくなってしまうことさえあります。

ただし、やる気がなくなってしまった後には、再度自分を奮起させて、やる気を目覚めさせていかなければなりません。

やる気を失くすこととリラックスはイコールではありませんが、やっぱり、頑張る時と頑張らないとき、波を送ることも大切なことですね。

その低くなった波を経験することが、また新たな高い波を目指していくことに目覚めます。

どうしても、やる気が起こらないときには、リラックスすることで、その現状を受け入れて、次の高い波を待つことも必要ですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください