日曜日の朝、微笑ましい、きじの親子に会いました。

日曜日の朝、微笑ましい、きじの親子に会いました。

【今朝、アグリベースwaniからの帰り道、きじの親子が温かい気持ちにさせとてくれました。】

昨日の雨が、うそのように晴れた今朝、アグリベースwaniの農作業からの帰り道、きじの親子3羽が信号のない農道を渡っていました。

ひな鳥の1羽が私の車に驚いたのか、道をわたったところで、母鳥の後とは逆の方向に歩いていました。

親鳥は、私の2~3mくらい離れたところで、何か言いたげにこちらを見ていました。

目があったので、ひな鳥の方に「こっちだよ。」と指を差しましたが、気持ちも届かずに、じっとひな鳥を待っていました。

ひな鳥も母鳥がいないことに気づき、探しているようですが、逆の方向のビニールハウスが影になって、今のことを理解できないようでした。

ただ、逆に行こうとしながらも、わずかに50㎝くらいを、あっち行ったり・こっちへ来たりでした。

それも5分足らずですが、いち早く、ひな鳥が兄弟のひな鳥を見つけて、母鳥と会うことができました。

その間も、ずっと母鳥はそこできょろきょろしながらも、ひな鳥が追いついてくることを待っていました。車の中の私にも、視線を感じました。威嚇というより、助けを乞うというより、ただ、待っていました。

5分足らずが、母鳥も、ひな鳥も数時間に思えたに違いありません。

私にとっては、一時の事でしたが、すっごく温かい・微笑ましい・いい気持ちにさせてくれました。

その後、3羽で田んぼに出かけて行きました。

めでたし・めでたし。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください