バラ色の人生

【これからの人生をバラ色にしたい、それはどんな色だったかなぁ】

改めてバラ色の人生とは、どんな色だったかと疑問に思い、グーグルで検索、うすくれないの色(平安時代から「しょうび」または「そうび」と言われていたそうです)ですね。

あざやかな赤色(JISの色彩規格)とも言うようです。

ところで、皆さんのこれからの人生を何色にしたいですか?  最近はブルーのバラもあるそうですから、ひょっとするとバラ色の感じ方も違ってきているかもしれません。余談ですが・・・。

若い人たちに「自分探し」という言葉がよく使われます。

シニア世代、定年退職後も豊富な経験を活かして、これからの人生をバラ色にしたい、こう生きるんだと、次のステージでの「自分探し」もいいですね。

今までの色を一度、棚卸しして、次のステージはバラ色だけじゃないかもしれません。黄色だっていいですね。

「こう生きるんだ」と創造すると、ワクワクしてきます。これからが、パラ色以上になることは間違いありません。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください