滋賀が長寿県

【男性の平均寿命は滋賀県がトップ、女性は4位】

先日、厚生労働省から2015年の都道府県別の平均寿命が発表になりました。

全国平均では、男性が80.77歳女性が87.01歳という結果になっています。これは、前回の2010年の調査から、男性は1.87歳・女性は0.66歳延びているそうです。(調査は5年に1回実施)

都道府県で見ると、男性は、滋賀がトップで81.78歳(2位は長野)女性は長野で87.67歳(2位は岡山)でありました。※滋賀が初めてのトップだそうです。

長寿のイメージでは、沖縄のような思えていましたが、男性では36位(80.27歳)、女性7位(87.44歳/前回は3位)、女性だけかが長寿のようですね。

厚労省曰く、滋賀は食塩の摂取量が少なく、喫煙者の割合も低いそうです。

また、都心部の健康寿命が低いような気がしますが、男性では東京が11位(女性15位)、神奈川が5位(女性17位)、大阪は男女ともに38位(前回の男性41位・女性40位)、京都では男性が3位、女性が9位でした。

男女ともに5位以内の滋賀・長野(男女ともに5位以内)が長寿県と言えますね。

この平均寿命から健康寿命が男性で71歳、女性が74歳と男性10年・女性13年前後の開きがあります。

長野では、60歳以上の就業率も最も高く36%、滋賀では30%程度です。滋賀の就業率を高めることで、健康寿命も延び、不動の長寿県になることを期待します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください