超スマート社会(Society 5.0)

【内閣府が、第5期(2016~2020年)科学技術基本計画で実現を目指す超スマート社会をご存じでしょうか】

まず、Society 5.0の5.0ですが、狩猟社会を1.0、農耕社会を2.0、産業革命による工業社会を3.0、コンピュータの普及による情報社会、続きに来る社会を5.0、超スマート社会なんですね。

実は、私もよく知らなかったのですが、今日の朝刊にポスト情報社会のタイトルの記事にこのことが書かれていましたので、不勉強ながら少し調べてみました。

この計画概要で定義されている内容が、「必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会」というものなんですね。

何か、今さらと思えないでもありませんが、2016年創業しました「いーすねっと」理念のようにも感じてしまいます。

このような社会の中で、人に役立つサービスを提供していく、そんな会社でありたいと思っています。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください