夢を忘れない

夢を忘れない

【あなたの夢は何ですか。】

この質問に対して、即座に答えることができますか。

「夢しかないような、男やけれど」上田正樹さんの”悲しい色やね”のワンフレーズですが、男だからということではなく、年齢にも関係なく、夢の大小にもかかわらず、人生の中で、夢を見ていることは、とても大切なことだと考えています。

自分の描いている夢を、誰かに話す機会が少ないのかもしれません。

夢は、自分の中で静かに思っていることなんでしょうか。

ただ、夢を実現に向かうためには、まずは誰かに話すことが、夢へのスタートであり、第一歩だと想っています。自分だけに秘めていると、スタートすることすらままならない訳ですね。

そのために何かを、誰かを犠牲にするなんてことを言うと、決して進められませんが、できること・できる範囲で実現に向かっていくことは、可能な限り、必要なことだと考えています。

厳しい環境のなかでも、自分の描いている夢により、前を向かっていくことができれば、それは素晴らしいことですね。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください