「働き方改革」も意識の変化から

【日本経済の潜在成長力を高める政策】

新たな内閣の発足より、日本経済の潜在成長力の底上げには、女性や高齢者の労働参加と効率の高い働き方が欠かせないと言われています。

地方創生では、規制改革と「まち・ひと・しごと創生」への取組みが期待されます。

一方でロボットの労働力も期待されています。これは国内だけでなく、世界規模での改革が期待されています。

まさに、働くことの意味、働き方への意識、働く内容など、「働く」、このキーワードに大きな変化の波が来ていますね。

特にシニアの皆さまにとっての変化が、未来に大きくかかわってくることが予想されます。これから社会を担っていく人たちに、明るい未来を感じてもらわなくてはなりません。

シニアの皆さまが、社会の一躍を担って、生き生きとした暮らしをしていくことが重要ですね。いつまでも、情熱をもち、チャレンジし続けることが、潜在成長力の底上げになるでしょう。

すでに「働き方改革」も、個人の思いから変化の波が起きています。個人の影響力が、大きくなっています。社会を変えるのも個人の力です。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください