イノベーション100選

【発明協会の戦後イノベーション100選にヤマハ音楽教室】

一般社団法人発明協会が2014年、創立110年を迎えたことから、それまでに最も国内の経済発展に寄与したものとして『戦後日本のイノベーション100選(トップ10を含む110選)が選ばれています。
因みに、トップ10には年代順に、内視鏡、インスタントラーメン、漫画・アニメ(鉄腕アトムのテレビ放映開始)、新幹線、トヨタ生産方式、ウォークマン、ウォシュレット、家庭用ゲーム機・ソフト、発光ダイオード、ハイブリット車です。
戦後からですから、やっぱり高度経済成長期のモノづくり時代が中心です。トップ10も8割がものですね。110選でも8割以上にモノが選出されているようです。
その数少ないサービスのなかで、「いーすねっと」のサービスである教室のヤマハ音楽教室が選出されていました。
他には、回転寿司(これもサービスですね)、公文式教育法、カラオケ、宅急便などが選出されています。モノとも言えるものも含まれていますが。

次の時代には、インターネット関連サービスなど、モノからコト(サービス)に大きくシフトするように思われます。

「いーすねっと」の参加者が自ら創る教室、もうひとひねり・ふたひねり・もっとですね。もし、これからの20年で同じように発表されれば、ぜひ選出されたいですね。

教室の参加者の50%が、AIをもったロボットに学習させているかもしれませんね。これが、本当の人工知能を学習することになるかもしれません。

下記のサイトに110選が掲載されています。
http://koueki.jiii.or.jp/innovation100/senteikekka.php

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください