全自動衣類畳み機”ランドロイドワン”

【いよいよ自動衣類畳み機が、来年から出荷になる見通し】

昨日からシーテック(家電・情報技術見本市)が開催されています。

今年の傾向は、AIを取り組み進化した家電が目立っているようです。

昨年くらいからだと思いますが、話題になっている自動衣類畳み機もセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズのものはAIを活用して、畳んだ衣類を学習することができるようです。(最初は、1枚5分~10分必要ですが、畳むスピードが速くなっていくそうです)

また、シャープは、電子レンジなどの家電の稼働状況を確認し、家事の合間に見られる好みの番組を提案してくれるそうです。

パナソニックは、日本酒やワインを最適な温度管理に加えて、酒の瓶にさわると冷蔵庫にある食材で、酒に合うお薦め料理を提案してくれるそうです。

近未来は、AIの提案によって、人が何も考えなくなるかもしれませんね。

ただ、家事が便利になって動くことがなくなってくると、健康のためだけに集中してジムに通ったり、ジョギングとかスポーツで楽しく動いていますね。

それからすると、考えることがなくなることで、頭の健康を損なわないために、健康のためにスポーツで体を動かすように、集中して楽しく頭を使うことが必要になりますね。

現在のカルチャースクールのように、学習だけに留まらず、アウトプットする機会をつくっていく必要もあります。

脳を活性化するためには、知識を蓄積するにも増して、その知識をアウトプットすることの方が、効果があると言われています。

「いーすねっと」は、そんな頭の健康のために脳を活性化する、知識を得つつアウトプット、目標をもってワイワイガヤガヤ会話する教室を目指しています。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください