地元の銀行がバックアップ

【地元に必要な企業には、ソフト面でバックアップをする銀行】

銀行といえば、零細企業にとっては、申し訳ないのですが、いいイメージをもっていないことが多いですね。

まず起業する際には、個人口座などの取引がなければ、すぐ目の前にあっても、新規で法人口座すら開設できない。

「さぁ頑張ろう!」と意気込んでの最初に感じる壁ですね。なんで、法人口座はできないのと痛感させられました。いろんなリスクを考えれば、難しいのでしょうね。残念ながら、そんなイメージです。

あるテレビ番組で地方銀行が、地元の施設(全国的にモデルケースになっている)に対して、「ここに融資しなければ、地方銀行の意味がない。」とおっしゃられていました。ある意味では感動しました。

最近では、地方の銀行も創業間もない企業には融資が難しいので、ソフトで支援し、融資ができるまでに育てる取り組みをされていますね。

金融関係にもソフト面も含めて、仮想通貨の普及、IT企業の参入、銀行のイメージだけでなく、構造そのものに変化を感じますね。

画像は全く関係ありません。みらい信用金庫さんという銀行名がいいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください