栄枯盛衰

【栄枯盛衰の出版で33年間続くためには】

誰でもが、初めての旅行に行くときに、一度は手にしたことがあると思う雑誌です。発行点数が世界一でギネスにも登録されているそうです。33年間でなんと4億5,000万冊、5,000タイトル以上だそうです。

因みに、雑誌でもっとも古いものは、週刊東洋経済で1895年、発刊から120年以上になるんですね。

さて、先ほどの旅行雑誌「るるぶ」ですが、毎年発行されるタイトルのものでも、50%は新しい情報を加えるそうです。

こんなに長く、多くの人に利用されている秘訣は、作り手が ”自らが面白がってつくること” だそうです。

50%以上の新たな情報についても、現地・新たなお店へ実際に訪問して、そこの人に接して、掲載しているそうです。そんな、見る人の目線でつくられているところに、旅行には「るるぶ」といったことになるように思いますね。

多くの人に長い間、ファンとなっていただくための秘訣は、編集者が見る人の目線で、創ることを楽しみ、その楽しみを伝えていることだと感じました。

“自らが楽しむ” いーすねっとのキーワードと同じですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください