国内よりも海外から注目

国内よりも海外から注目

【極細の「痛くない注射針」の町工場には、国内よりも海外からのオファーが多い】

日本の企業の99%を占める中小企業経営者の引退平均年齢は70歳、約半数は後継者が未定だそうですね。120万社以上の中小企業が後継者がいないそうです。親族が経営の中枢を担ってきたか、今は「家業は子が継ぐのが当然」との考えに納得せず、自分で道を切り開く若者が増えているそうです。

これらの中小企業も、素晴らしい技術を持っていながら、後継者がいないために廃業しなければならないといった大廃業時代が迫っているようですね。

「痛くない注射針」を開発した会社には、国内よりもドイツや中国・韓国の企業からのオファーが多いそうです。シンプルに考えても、何か方法はないものかと思ってしまいますね。

会社を存続するために海外資本だったり、海外から経営者を呼ぶなんてこともありますが、技術の海外流出はやむ得ないことなんでしょうか。

新たなサービスを生み出すスタートアップ企業、後継者不足による大廃業時代、こんなところにも課題を解決する役立つ取組みが生まれていますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください