みんなが喜ぶ、「仕組み」を創る。

みんなが喜ぶ、「仕組み」を創る。

【三方だけじゃない、みんなが喜ぶ「仕組み」が大切です。】

当たり前ですが、みんなが喜ぶ仕組み、これこそみんなが求めていると言っても過言じゃありません。

10人いれば、10の考え方があり、10人すべてが喜ぶなんてあり得ないと考えられています。

今でもそうかもしれませんが、みんなに喜んでもらうこと求めた結果、10割にどう近づければ良いか、課題になってきます。

これを継続していく中、この課題を解決していく、未来に向かって、より良い仕組み(サービス)を創っていくということですね。

全てとは言えないかもしれませんが、多くの事業は、こんな「仕組み」でみんなに喜んでもらえることを追求しています。

今までの常識を打ち破っていくからこそ、未来を良くしていくことに近づけます。

暮らしの中でも、常識と想われていることを、至る所で発見することができます。

この常識に、進化を与えていくことも必要なことです。

これも大人のライフスタイルのひとつになりますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください