夢中になる

【夢中になると心地いい】

夢の中、気持ちいい夢を見つつ、うとうとしている時、こんなに心地いいことは他では得られないと思いませんか。

ただ、年を重ねていくうちに、もう少し寝ていたいと思うより、早く起きなければと思う気持ちが、強くなっているような気がします。(私だけかもしれません、一度誰かに聞いてみましょう。)

起きてから、あれもこれもしようとか考えてしまいます。夢見心地で考えていることもあります。ただ、考えているといつの間にか目が覚めているんですね。

これは、何か夢中になれることがあって、そのことが夢の中にも出て、私の脳を活性化してくれているのかもしれません。

ほんやりとしていることも大切なことだと感じていますが、それ以上に夢の中に出てくるほどに夢中になること、生きていくことで必要なことのひとつですね。

夢の中にいる心地よさ、夢に出るほど夢中になる充実感からくる心地よさ、だから「夢中」と書き、心地いいことなんですね。

あの頃夢中になっていたこと、もう一度その思いにチャレンジしてみませんか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください