フリーランスで地域再生

【フリーランスで仕事をする1,000万人】

企業と個人の結びつきから、新たなビジネスが始まっています。現在、国内で1,000万人がフリーランスで活躍しています。

この個人と企業をマッチングする企業でも、フリーランスの争奪戦が始まっているそうです。

過疎の地域でも、フリーランスの人たちに移住してもらう取り組みも始まってします。個人の力が、これからの働き方改革に少なからず影響を与えていくことは言うまでもありません。

キーワードは、”楽しく仕事をする” ”楽しく暮らす” のように思えてきます。

暮らしやすい環境で好きなことで生計をたて、人生を謳歌したいと思う人が増えていますね。

我々の世代では、ややもすれば不謹慎のようにも思えますが、人の感じ方も社会も環境も変化していきます。

大手広告代理店の調査では、高齢化社会のイメージは暗く感じる方向になっています。シニア世代も、この働き方の変化を取り入れて、楽しくをキーワードに、明るい高齢化社会を目指していきたいですね。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください