子張書諸伸

【子張、これを紳に書す】

論語に出てくるこの文が、「メモをとること」に関する最古の記録だそうです。二千数百年前から、大事なことは忘れないようにメモしておくことがあったんですね。

孔子の弟子、子張が孔子の言葉を忘れないように、伸という帯に書き付けたということです。

年を重ねると忘れっぽくなってしまいます。しかしながら、メモにも残さなくなってしまいます。スマホに書き込むなんて習慣もほとんどありません。

一層、忘れっぽくなってしまいますね。「まだまだ、やれる」とか言いつつも、やっぱりね!とか言われている自分に気がつきます。

今年に入って「論語」一日一言を読んでいます。日々の一言を暗記はできなくても、このメモを取ることのように意識できるまでには、10回10年くらいかかるのでしょう。

10年くらいで、「論語」の主旨である「人間らしい心で、姿勢を正して生きていこう」の入り口には到達したいものですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください