60代後半に突入、衰えを素直に受け入れることから始まります。

60代後半に突入、衰えを素直に受け入れることから始まります。

【体力・知力・○○力と衰えを受け入れることから、新たなことが始まりますね。】

老化とは言いたくありませんが、体力はもちろん記憶力・創造力・計算力などなど、いろんな力が劣ってきていることは否めません。

これは、いくら若作りをしても追いつきません。そのことが、より高齢化を意識することもあります。

年齢についてとやかく言うつもりはありません。年甲斐もなくなんて言葉は大好きです。

正直言って、年齢に関係なく行動することに優越感みたいなものを感じることもあります。

ただ、60代も後半に突入します。ここにきて、やっぱり力の衰えはもちろんのこと、そのことを素直に受け入れなければならないことも痛感しています。

逆に突っぱねたい気持ちもどこかにありますが・・・・。

この機会もチャンスとして捉えて、今の自分を素直に受け入れることから、自分自身の棚卸しを始めてみようと想っています。

今から、できること・できないことに真摯に自分の今と向き合うことから、未来が始まると考えています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください