初めての体験は、いくつになってもわくわくさせてくれます。

初めての体験は、いくつになってもわくわくさせてくれます。

【還暦過ぎて、始めた野菜の栽培、未だ、わくわくしっぱなしです。】

野菜創りを始めて4年が経過しましたが、未だに初めての体験が多く、わくわくし放題です。

今となっては、サラリーマンをするよりは、農業をやらなかったことを後悔しています。(実は、サラリーマンも楽しんできましたが・・・。)

どちらかというと、肉体労働のイメージがありますが、正直それほどでもない感じがしています。

本質は、物を売るより(35年間営業をやっていました。)は、創るほうが好きだったかもしれません。

ということはさておき、年間のプランから始めて、畑の土づくりから種蒔き(小さいことに驚きました。)、栽培管理、収穫、販売とわくわくしないときはないと言っても、過言ではありません。

年齢にも関係なく、楽しむことのできるビジネスだと感じています。

趣味での家庭菜園もそうかもしれませんが、ビジネスとしての農業のおもしろさは半端ないことですね。

まだ、素人なのでいえることなんですね。

まだまだ、始めての体験ばかりですが、一通り体験していくためには、10年は必要かと想っています。(なにをゆうてんの? と声が聞こえてきそうですね。)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください