お仕着せ

お仕着せ

【お仕着せの由来は、衣服の支給から来ています】

江戸時代、幕府からは役人や囚人に、民間では主人が奉公人に衣服が支給されることを「仕着せ」と言っていたようです。四季に応じて支給されたことから「四季施」とも当てて書くそうです。そこにおがついて「お仕着せ」と言われています。

そこから、一方的に与えられることを「おしきせ」といわれることが多いですね。今では、この言葉もあまり使用されなくなったような気がします。もっとも、企業の制服はなくなっていません。「おしきせ」とも言われていないようですが。

与えられたこと、決められたことから不満が起きてきます。改善、変化、進化、今の時代はこんな言葉が好んで使われます。かっこよく「イノベーション」ですね。

「イノベーション」は、暮らしの中の不満から生まれてくると言われます。

経験豊富な人たちのコミュニティである『ワイガヤ教室』も、こんな常識から逸脱して生まれてくる「イノベーション」を期待しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください