アウトプットするためにインプットする

【インプットしたことをアウトプットで現実化する】

私たちは、ややもすると読書・人の話を聞く場合など、インプットすることに集中してしまいがちですね。

あくまで、インプットすることが目的であり、アウトプットする場合にはこれを再度ひも解かなければならないですね。インプットとアウトプットには、時差もあって、別の行動のように考えがちです。

よく高齢者は、学習でインプットすることの大切さが言われています。同時にそれ以上にアウトプットすることが重要だとも考えられています。

これをインプットする際に、アウトプットすることを目的として捉えることで、アウトプットすることが、より具体化・現実化することになるように思えますね。

要するにインプットすることは、アウトプットすることを目的として考えると、リアル感が増しますね。

『わいがや教室』でも、このようなインプットを心がけることで、やりたいことを具体化、リアル感をもって、現実のことに取組んでいくことができますね。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください