もしも、「暮らしにテレビがなかったら」、想像してみてください。

もしも、「暮らしにテレビがなかったら」、想像してみてください。

【こんなことで、創造力を試してみてはいかがでしょうか。】

還暦過ぎた私たちの世代にとっては、「テレビっ子」という言葉に象徴されているよう、良かれ悪しかれ、人生の多くの時間をテレビに費やしてきました。

この世代の大人たち、もしテレビがなかったら、どのような暮らしになっていたか、なんて創造してみることが、少し今の暮らしに変化を与えることができるかもしれません。

わたしが創造できることは、もしテレビが暮らしになかったら、物心ついた時にテレビがなかったら、マンガも含んだ本と触れ合う時間が増えただろうことは容易に想像できます。

残念ながら、昭和時代の人間では、家族のコミュニケションが増えていたとは考えることができません。

少なくとも私にとって、暮らしていく時間が、もう少しゆっくり流れていることは間違いありません。

その際、現在のネット社会が到来した時には、とんでもない変化が生じていくことになりますね。

そもそも。テレビがなければ、今のネット社会が訪れることもなかったかもしれません。

但し、今の自分自身にとって、過去にテレビに費やす時間がなかったら、ちょっと違った暮らしになったことは間違いないと想います。

友だち追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください