痛快さが楽しい

【テレビドラマも痛快さを感じるものが人気のようですね】

池井戸潤氏原作のドラマ化など、古くは時代劇の「水戸黄門」のように痛快さを感じるものに人気があるようですね。

私も、池井戸潤氏の小説も好きでよく読んでいます。12月には、「空飛ぶタイヤ」が映画化されるそうですね。

また、時代小説なども痛快なエンターテイメントなものを好んで読みます。気持ちが晴れやかに、すっきりした感じが好きです。

最近は、2時間ドラマが減っています。これは、どうもこの痛快さに欠けていることが原因ではないでしょうか。時間も、2時間ではなく、1時間くらいの中の痛快さに人気がありますね。かつては、2時間のドラマは、高額の制作費を費やした映画が中心でしたね。洋画も含めて。

映画もあまりありませんね。地上波は、バラエティ番組が中心ですね。今では、BSを見ている機会の方が多いかもしれません。

地上波は、バラエティが主流で、映画・ドラマはBSにと進化していくかもしれませんね。伝える内容らよった、すみ分けみたいなものが、あってもいいと思います。

やっぱり、非日常の痛快さが楽しいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください