隠れた魅力

隠れた魅力

【魅力を発掘するとは、魅力を感じてもらう仕組みをつくること】

京都府の和束町、奈良の県境に位置するところに、星野リゾートの宿泊施設が整備されるそうです。

この和束町は鎌倉時代からのお茶の産地であり、京都府の40%の高級宇治茶を生産しているところなんですね。私は、1年に数回、抜け道として利用していますが、お茶畑を見た記憶がありません。全く、意識していないところなんですね。宇治茶と言えば、宇治田原町という概念なんですね。

こんなところを『隠れた魅力』にしてしまう”すごさ”ですね。

実は、この地域も含めて、京都府南部の山肌の斜面に茶畑の並ぶ光景とか茶問屋などが、文化庁の日本遺産に認定されているんですね。

京都市中心に、国内外から、年間5000万人の観光客が訪れるそうです。どのような魅力ある仕組みで、この和束町に集客していくか、本当に楽しみですね。ぜひ、一度宿泊してみたいと思っています。

既に、魅力づくりに一役買っているのかもしれませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください