おもしろがることが、「継続は力なり」かもしれせん。

おもしろがることが、「継続は力なり」かもしれせん。

【日本で初めて有機野菜の生産・加工・流通のネットワークを創った藤田和芳さんの著書には、共感するキーワードがたくさん登場してくれます。】

遅ればせながら、藤田さんを知ったのは、ほんの数ヶ月前でした。以前から、「大地を守る会」の名前は、よく知っていたのですが、著書に触れるまでには、至っていませんでした

ところが、読んでいくと、私の共感するキーワードがいくつも登場してきます。

そのひとつですが、、最初からおもしろい仕事はなく、取り組む仕事に工夫を積み重ねることにより、おもしろくなってくる、おもしろがることにつながってくるということです。

そこには、その人の情熱から繰り返される試行錯誤、工夫により、おもしろい仕事になると、言われています。

私も、全くその通りだと想っています。

そこには、仕事のみならず、趣味だったり、何かの取り組みに通じることだと感じています。

また、その取り組みをおもしろがることが、継続できる力にもなると言えることですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください