シニア向きはいらない

シニア向きはいらない

広告では、シニアという表現が減っているようです

私自身も勿論一般的にみても、還暦過ぎたシニア世代です。ただ、シニア向きとかシニア用とか言った商品には見向きもしません。

何だって若い人が、来ているものを好んで着たりします。老化が始まっていますが、シルバーとか老人と言われたくありません。

そんな私が、5年前に「いーすねっと」を創業した時のキャッチフレーズをシニアの暮らしを元気するなんて言っていました

自分のことは、さて置いていたんですね。もう「いーすねっと」ではシニアは使用しません。「大人の文化を創る」をスローガンにと考えています。

これからの時代、もちろん50歳代以上がボリュームゾーンになることは間違いありません。

私が若かったこ40年くらい前の50・60代はどこかハイカラなシニアといった表現だったかもしれません。いつの頃かははっきりわかりませんが、それが今もって使用されているということなんですね。

とにもかくにも、シニアという言葉はいりません。

新しい大人の文化を生み出していきたいものですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください